不登校児の生活

中1の息子が不登校時代(小4)に使用していたネット塾について:不登校じゃなくても、あんまりやる気のない子供にオススメ

不登校になり、それまで通っていた早稲アカをやめてしまった 小4の息子が不登校になったのは、小4の夏休み明けだった。 結果的にそれから、ほぼ丸1年間学校には通わなかった。 それまでは、有名進学塾早稲田アカデミー下高井戸校に...
不登校児の生活

不登校になるきっかけ、男友達の奪い合い:ホモじゃないです(笑)

きっかけは男同士の三角関係 私は中学1年生の9月から、約4年間の不登校生活を送る。 要因は一つだけではない。いくつかが重なって、その合併症である。 その一つに、友達の奪い合いというのがあった。 クラスでおそらく唯一...
教育と政治家の利益

不登校問題を解決するために行政がほとんど役に立たない理由:学校に行かせることがゴールだから

行政機関はほとんど役に立ちません(きっぱり) 自分の子供が不登校になった時、行政機関はほとんど役に立たない。これは実感である。無論深刻な暴力問題を起こした時などに、少年院などの施設で対応はいてくれるわけであるが、その手前がほぼ存在し...
いじめ対処法

不登校相談:「いじめを見るのが辛い」といって、不登校になった小3の息子(42歳 女性)

本人はいじめには直接かかわっていません 小3の息子のことで相談です。もともと内気な性格で、あまり友達と外で遊ぶようなことはせずに、漫画を読んだり、テレビをみたり、1人で過ごすのが好きなタイプの子供です。勉強は中くらいの成績で、好きで...
教員の問題

気にくわない教師の授業で耳を塞いでいて学校を転校した岡本太郎の小学生時代

日本が生んだ数少ない世界に通用する芸術家である岡本太郎の少年時代は壮絶である。戦時中ということもあり、現在とは全く異なる状況であったわけである。小学一年の時の担任は、高圧的な封建主義的な人間であり、子供の意思などかけらも尊重してくれるよう...
教員の問題

教員の子供に問題児が多い理由:教員が日本の権威主義の象徴だから

私の知り合いの教員の子供は全員大きな問題を抱えている 教師という職業は特別である。すべての人から、「先生」と呼ばれるわけである。 教員同士でさえ、「先生」と呼び合っている。世の中で「先生」と呼ばれるのは 医者と政治家と教...
不登校への対処法

不登校児が、本当のことを、大人に話すことができない理由

不登校児だけじゃない。誰だって同じである。 信頼できない人に、本心を話すことができないのは誰でも同じである。人間関係は全て同じだと思う。親であろうが、友人であろうが、先生であろうが、同じである。自分の気持ちをありのままに相談できる相...
不登校への対処法

現実的な不登校への復帰プログラム作成について(中学)学校で進んでいる授業内容の予習をさせること

学校にいけそうになっても、行けない理由で大きいのは勉強についていけないから どこかのタイミングで、学校復帰を考えても、なかなかうなくいかない理由の一つが勉強である。授業についていけないという問題である。小学校低学年であれば、しばらく...
いじめ対処法

私の高校はいじめが、ほぼ存在しなかった:桐光学園高等学校(神奈川県川崎市)

今はしらない。当時はなかった。私が知る限り(おそらく間違いない)ほぼ、不登校生徒はいなかった。働くためにやめたやつはいた。暴力問題で退学になったやつもいた。死んだ奴もいた。(バイク事故)でも不登校で長期欠席のやつは...
不登校への対処法

日本の伝統的な差別感と不登校児への風当たり

かつては身分制度があった日本は、差別的な行為が好きな国民である かつて存在していた士農工商穢多非人という身分制はなくなったことになっている。 でも、何百年も続いていた制度と考え方がそう簡単になくなることはないのだ。 日本...
教育相談

不登校児童の方とご両親、子供が学校に行くのは義務ではないって知っていますか?

日本国憲法の教育の義務は、学校に行く義務ではない 誤解している人がとても多いのであるが、日本国憲法の三大義務の一つである 教育の義務は、子供が学校に行く義務ではない。 親、もしくは保護者が子供に教育を受けさせる義務なので...
不登校への対処法

「自分はこうやって育った」という経験に頼ると、不登校は長引くことが多い

経験値だけで判断すると、新たな問題には対処できない 不登校児の親には、自分の経験値だけで全てを判断しようと考える人が多くいる。 失敗も含めて、自分の実体験の中で経験したことで、全てを判断しようとする人である。 例えば、「...
不登校への対処法

ひきこもり相談:生活保護の申請を受けてもいいのでしょうか。31歳女性

ハローワークにも通っていて、単純作業を薦められました 31歳の女性です。学生時代は不登校気味でしたが、奨学金をもらいなんとか大学を卒業しました。卒業してから何回か就職したのですが、最長は2年半でした。直近で働いていた職場ででは、デー...
タイトルとURLをコピーしました